サイトマップファイルの作成方法

サイトマップ(Sitemap.xml)を作成

サイトマップ作成は、検索エンジン(クローラー)に、
インデックスの手助けする為に、必要になってきます。



作成ファイルは、(XML形式)で作成する事になっており、
尚、無料で提供してて、オンラインで作成する事ができます。



基本的には、外部で作成する場合は、
定期的にサーバーにアップロードして利用する形ですが



CMSなどの、サイト作成ツールを使ってる場合は、
自動で作成してくれる「プラグイン」が組み込まれてる場合があります。



例えば、「WordPress」を利用してる方は
検索エンジン用に作成できるプラグインがあります。



WordPressでは、定番になる
「Google XML Sitemaps with Multisite support」です。



プラグインの「新規の追加」からインストールできますので、
プラグインの検索に「Google XML Sitemaps with Multisite support」



と、打ち込んで、インストールしてみて下さい。



このプラグインは、ページの追加・更新時に、
自動でサイトマップを作成してくれる事になります。



後は、Googleウェブマスターツールで、
サイトマップを送信するだけです。





オンラインで、サイトマップファイルの作成

外部で提供してる、サイトマップ作成をする場合は、
色々ありますが、オンラインで簡単に作成できます。



ですが、定期的にサイトマップを更新することになりますので、
少々、めんどくさい作業になってしまいます。



  • オンラインで、サイトマップ(Sitemap.xml)を作成できるサイト




作成したファイルをダウンロードを保存しましたら
サイトマップファイルを、サーバーにアップロードします。

ファイル名は「sitemap.xml」になってるはずです。



FTPソフトで、ファイルをアップロードしますが、
アップロードする場所はトップページと同じ階層にします。



1層目に当たる「ルートディレクトリ」にアップロードです。



※サイトマップをサーバーにアップロードは、更新状況で定期的に
 行う必要があります。