国別で検索エンジンのシュア

  • 「StatCounter Global Stats」では国別で検索エンジンのシュアを表示してくれます。

下記の表は、日本での検索エンジンの推定結果です。

StatCounter Global Stats_mini

StatCounter Global Stats

表の結果を見て通りですが、日本ではGoogleのシュアが一番!
赤線が「Google」、黄色線が「Yahoo!」、青線が「Bing」 2010年1月~2013年4月

「Google」が66.39%とダントツです。
ただ、「企業の需要」と「一般需要」では、違いがあるそうです。


まだまだ「一般需要」では、
Yahoo! JAPAN(28.99%)の方がGoogleよりシュアが多いと言われております。


とは言っても、Yahoo! JAPANでは、提供する検索エンジンにおいて、
グーグルのシステムに移行しております。(2010.11)


いずれにしても、検索結果経由のアクセスは非常に重要ですので''、
「Google」の検索エンジンへの登録は、欠かせない''と言う事になります。


「Bing」はと言うと、日本では3.68%とあまり馴染みが無いようです。
が、しかし、メリットが無いと言う事にはなりません。


需要がある以上、メリットはあります。

検索エンジン登録される事により、クローラーの巡回率を上げ、多くのページのインデックスされ、検索エンジンに認識してもらうために有効なサービスです。


需要がある以上有効なサービスを受けた方が言いと思いますので''、
「Google」「Bing」には、検索エンジン登録''することが望ましいです。


もちろん、登録しないからと言って、検索エンジンにまるっきり反映しないと言うことではないのですが、インデックスされるまで時間が掛かってしまいます。


無料登録できるのですから「Google」「Bing」のに、
自分のサイトが検索結果に早く表示されるよう、登録しておきましょう。